通信関係・極薄ガラスの加工・研磨

I N D U S T R Y

02通信関係

各種通信機器向け光学部品

光通信機器向けの光スイッチや光トランシーバー、光増幅器などは、光ファイバーの先端部に接続される光学素子。外径はシャーペンの芯ほどで、硝材による光の損失を最小限に防ぐため、厚みはシャーペンの芯の1/2以下という極薄のガラス基板です。

飯山特殊硝子では、このような精密硝子部品のご要望も多くいただいております。

STRONG POINT

飯山特殊硝子の強み

光通信に欠かせない光ファイバーや偏光フィルター。効率的に光を送受信する必要があり、わずかな減衰も許されません。

光の減衰を抑えるには、ガラスの表面および裏面での反射を抑えることが重要になります。これにはコーティングでの反射防止に加え、基板を薄くし、なおかつ平行度の高い基板が必要です。

飯山特殊硝子は超精密な硝子加工技術により、光アイソレーターや光トランシーバー、光変調器等に使用される光学部品や光学フィルターで高い評価を得ております。

TECHNOLOGY
& KNOW-HOW

通信機器のニーズを満たす
技術とノウハウ

飯山特殊硝子では、以下の技術・ノウハウを通して
通信機器についてのニーズを満たします。

REQUEST FLOW

依頼の流れについて

お問合せ

ご依頼の内容をお伺いします。場合によってはこのタイミングで図面や仕様をいただくこともあります。

見積

具体的な用途や、希望される製品の仕様などをヒアリングします。その後、お見積りをご提案します。

受注

お見積り内容に同意いただいたうえで正式な受注契約を結びます。その後、必要に応じて材料の手配等を行います。

製造・加工・検査

必要な材料が揃ったら、精密加工や研磨、測定などの行程を経て製品を仕上げます。

品質保証・出荷

製品を検査し、検査表を付けて出荷します。

ガラス加工のお悩みは
飯山特殊硝子が解決します

まずはお気軽にご相談、
お問合せください。オンラインでの
お打合せも承っております。

お問い合わせ

03-3758-1181

[受付時間]平日 8:30~17:30