白濁しない基板|ガラス加工・研磨

T E C H N O L O G Y

白濁しない基板

白濁しない基板とは、紫外域や赤外域のレーザーを使用するために光の拡散を抑えたいケース、あるいはコートの耐久性を上げたいケースなどで利用されます。飯山特殊硝子では1枚から大量生産まで注文数にかかわらず両面研磨仕上げを行い、あらゆる表面粗さのニーズにお応えします。また技術的に難しい難硝材への研磨加工にも対応可能です。

白濁しない基板をつくるには

白濁しない基板づくりにとって重要なのは研磨技術です。飯山特殊硝子では平面を均一に、仕様通りの面粗度で磨き上げる熟練した研磨技術で特にコートメーカー様から高い信頼を得ております。

また面粗度を保証するには研磨技術に加えて測定技術も重要です。Zygo社製粗さ測定機を使って仕様通りの表面粗さに仕上がっているかどうかチェックすることで、製品の精度を保証することができます。

POINT

ここがポイント

飯山特殊硝子では、以下の4つの技術とノウハウで白濁しない基板のニーズにお応えしています。

USE CASE

こんな業界で使われています

白濁しない基板はさまざまな分野の装置や機器に使用されています。たとえば紫外域や赤外域のレーザーを使用する光学機器や医療機器、放送機器の部品として、光の拡散を抑えるパーツとして利用されるケースなどです。また白濁を防止することで、ガラス表面のコートそのものの耐久性を向上させたいというニーズを持つコートメーカー様からも高い評価を得ております。

詳しく見る

詳しく見る

REQUEST FLOW

依頼の流れについて

お問合せ

お問合せやご依頼の内容をお伺いします(このタイミングで図面や仕様をいただくこともあります)。

見積

想定される用途、希望される製品の仕様などをヒアリングします。その後、ご提案とお見積りを提示します。

受注

ご提案内容に同意いただいたうえで契約を結び、受注となります。必要に応じて材料の手配なども行います。

製造・加工・検査

必要な材料が揃ったら製造を開始します。精密加工、研磨、測定などの工程を経て製品にします。

品質保証・出荷

高精度の測定機械と職人の目で製品を検査し、検査表を付けて出荷します。

ガラス加工のお悩みは
飯山特殊硝子が解決します

まずはお気軽にご相談、
お問合せください。オンラインでの
お打合せも承っております。

お問い合わせ

03-3758-1181

[受付時間]平日 8:30~17:30